間違えた線をすぐに消してしまうと、次に描く線の手がかりがなくなります。

はじめに描いた線が、100%間違っているならば消すのも仕方がないかもしれないけれど、真剣に描いた線ならば、全てが間違っていることはあり得ません。

何かしら自分が描きたかったものがそこに含まれているはずです。

たとえ10%しか正しくなかったとしても、それが次に描く線の手がかりになります。

0から始めるよりずっと作業効率は上がります。

絵は複数の線の組み合わせでできているので、

ある程度描いて進まないことには正しい形は見えません。

おかしいと思っていても、描き進めていくとそうでも無かったり、

大丈夫だと思っていたところが、ダメなこともあります。

描き始めてから全体像が現れるまでは、描くたびに一喜一憂しないで描き進めましょう。

誰でも間違えるものだから、慌てることはありません。

違うと思ったときは消すのではなくて、はじめに描いた線を基準に正しい線を描きます。

違うと思って消してしまったら、基準がなくなって0からやり直しです。

デジタル環境の人は簡単に線が消せるので要注意です。

描くのにすごく時間がかかる人は、消しすぎている可能性があります。

重ねて描いたけれど良くなる見込みが感じられないときは、

そこはほっといて次に進みます。

描いている途中で良し悪しを決めないで、

全体像をざっくり描き切ってから確かめる方が

何がどう間違えているのかよく分かります。

細かいミスや描き込みは後回しにして、まず全体を描くのが基本です。

ちょっと描いては消してを繰り返す人がいますが、

消すから分からなくなるんです。

闇雲に消してゼロからやり直すのではなく、

描いた線を手掛かりに、正しい線を探してください。

迷い線が増えて、分かりにくくなってきたら邪魔な線を消しましょう。

すっきり見やすくなったら、また作業を続けます。

描く間違いの確認正しい線を描き直す確認邪魔な線を消す

の流れになります。

正しく形を描くのは本当に難しいことですが、

少しづつ練習を重ねれば、だれでも精度を上げることができます。

時間をかけて直す練習をしましょう。

時間をかけて描くときに心がけたいことは、根気よく間違いを見つけることです。

早く完成が見たい、興味があるところを描き込みたいと思うので

間違いの確認はそこそこに切り上げてしまいがちです。

進めたい気持ちをぐっと抑えて、

本当に合っているのかどうかの確認に時間を使ってください。

はじめは1時間も描いたら、何を直したらいいのかわからなくなります。

そうしたらその日の作業は終わりにして、翌日続きをやりましょう。

時間を空けてから間違いを探すとよく分かります。

はじめは1時間から描いてみましょう。

おすすめの記事